2016年06月23日

宝井琴調師匠が文★講談えほん「三方一両損」

宝井琴調師匠が文
このたび発売となった講談えほん「三方一両損」
(文・宝井琴調、絵・ささめやゆき、福音館書店、1188円税込)
大岡越前守忠相が可愛くてかっこよくてお子様の講談入門にぴったりな一冊です。
小学校4年5年用

さんぼういちりょうぞん【三方一両損】

落語。講談に取材したもの。
左官金太郎が3両拾い、落とし主の大工吉五郎に届けるが、吉五郎はいったん落とした以上、自分のものではないと受け取らない。大岡越前守は1両足して、2両ずつ両人に渡し、三方1両損にして解決する。

表紙.jpg


中.jpg


琴調.jpg
posted by YACCO at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/175794692
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック