2016年07月22日

やまの向こうに、幸せが住んでいるんですね。

山のあなた

               カール・ブッセ
               上田 敏 訳

        山のあなたの空遠く、
        「幸」住むと人のいふ。
        ああ、われひとと尋めゆきて、
        涙さしぐみ、かへりきぬ。
        山のあなたになほ遠く、
        「幸」住むと人のいふ。

《文語表現(語彙の意味)について》


「あなた」
  かなた。あちら。向こうの方。「向こう」の意の雅語的表現。隔てるものがあって手の届かない向こうの方。

「幸(さいわい)」
 「さきわい」の変化。幸せ。幸福。幸運。精神的・物質的に安定した、理想的な状態。類語・幸福。対語・不幸せ。

「人のいふ」
  人々が言っている。世間一般で言われている。

「尋(と)めゆく」
 「捜しに行く」の雅語的表現。雅語的表現とは、口頭語で使うとそぐわないが、詩歌、古文の表現に用いられた、洗練された和語のこと。わたしは、他の人(人々)と一緒に幸いをさがしに行く。

「涙さしぐむ」
 差し含む。雅語的表現。涙がわいてでてくる。涙が出そうになる。

「かへりきぬ」
 「帰ってきた」の意。「きぬ」は、唱歌「夏は来ぬ」と同じ、完了の意味。
文語のカ変動詞「来(く)」の連用形「き」に完了の助動詞「ぬ」が接続したもの。
口語では、「ぬ」は打ち消しの助動詞で「行かない」「行かぬ」のように未然形に接続するが、文語の「ぬ」は完了の助動詞で、連用形「き」に接続する。
「夏は来(き)ぬ」は「夏は来た」、「夏は来(こ)
ぬ」は「「夏は来ない」の意。口語表現に慣れている今の児童たちには
ちょっと分かりにくい。「かえりこぬ」との対比で考えさせてみよう。

引用
http://www.ondoku.sakura.ne.jp/gr5yamanoanata.html



★なぜか急にこの詩を思い出してしまいました。


「尋(と)めゆく」
 「捜しに行く」の雅語的表現。

この言葉の意味が思い出せなくて、引用させていただいたページでやっとわかりました。

やまの向こうに、幸せが住んでいるんですね。
posted by YACCO at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176180664
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック