2016年10月16日

ラジオ出演のお知らせ「滝洸一郎の一刀両断」 レインボータウンFM http://792fm.com/

≪おつたのうた≫の作曲家の園田容子さんと21日に、ラジオ出演させていただきますッ♡
♡番組「滝洸一郎の一刀両断」♡
 出演21日2時〜2時半
 レインボータウンFM → http://792fm.com/
滝洸一郎さんは、プロが惚れ惚れするような!殺陣師ですハート

14671151_1098970946847730_7872711242848470324_n.jpg

元新国劇の殺陣師
脚本家
役者
東都読売の編集長、
作家として、千代田文学賞を受賞。
という多才な方です〜〜〜
是非!お聴きくださいませ♡
posted by YACCO at 17:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月14日

『詩を書く母がいて、 歌を唄う娘がいて、 作曲する女友達がいて、 その三人の女性の心が寄り合って、縒り合って、  今一つの奇跡が生まれました

『詩を書く母がいて、
歌を唄う娘がいて、
作曲する女友達がいて、
その三人の女性の心が寄り合って、縒り合って、 
今一つの奇跡が生まれました
     演出家和田喜夫(日本演出者協会理事長)
『おつたのうた』
初めて『おつたのうた』に触れた時、その童女のようなまなざしと、
小粋に弾む母の心意気に感動しました。
ここにあるのは、価値の発見です。
誰の目にも触れずに、日々の暮らしの中で、綿々と綴られた新鮮な
言葉との出会いは、僕の大好きなシュペルベイルの『知られぬ海』という詩を思い出させてくれます。
シュペルベイル『知られぬ海』
「 誰も見ていない時、海はもう海でなく、
  誰も見ていない時の僕らと同じものになる。
  別な魚が住み、別な波が立つ。それは海のための海。」
   ありがとうございます!!!
このお言葉は、母“おつたのうた”の公演(2004年)のチラシに掲載させていただいた演出家和田喜夫先生のお言葉です。
 素敵な言葉に、母おつたさんは、ただただ恐縮していました。
大切な宝物とさせていただきました。
これからも、おつたのうたを歌っていきます。 
ようこさんの音楽が、おつたさんの言葉が、そして私のうたが、
 きっと、いらしてくださった方の心に届きますように。。
posted by YACCO at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年10月13日

南青山曼荼羅ライブ2016・11・4

南青山曼荼羅ライブ2016・11・4のお知らせ

いいの いいのよ あなたは あなた PART2
    おつたのうた
〜ツッカケはいて、ベソかいて〜
   YACCO & YOCO
   長谷川泰子 ・ 園田容子 

いいのよ2web表.jpg


いいのよ2web_裏.jpg


期日: 2016年11月4日(金) 開場13:00/開演14:00
■会場:南青山MANDALA (03-5474-0411)
http://yacco.jp/
■プログラム
春の小川・ペチカ・雪の降る街を・証城寺の狸囃子
ふっくらふっくら桜のつぼみ・
蚊にさされました・びりっけ・
タンポポ ポポポポ タンポッポ・テレビドラマ・たそがれ・
アランドロンはさようなら
信号待ち
月夜の恋の物語り
君は星になった
君が生れたその朝に
※曲目が変更する場合もあります

いよいよ近づいてきました。
皆様に楽しんでいただけますように準備しています。
ご来場を心よりお待ちしています。
                     長谷川泰子
posted by YACCO at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月21日

「落語と講談の図鑑」「三方一両損」宝井琴調師匠の絵本の読み聞かせ

「三方一両損」宝井琴調師匠の絵本の読み聞かせ

表紙.jpg中.jpg

絵本の読み聞かせって、いいですね。
絵本の読み聞かせをしている友達ちが、
中学校で、絵本の読み聞かせの会で
宝井琴調師匠の絵本の絵本を読んだそうです。
講談の話だというので、事前に図書館に講談関係の本を飾っておいてくださったそうです。
「落語と講談の図鑑」国土社編集部 / 編
という本に琴調師匠が載っていたそうです。


S__5120044.jpg


S__5120045.jpg


S__5120046.jpg


S__5120047.jpg




素敵ですね♡
ありがとうございました♡
posted by YACCO at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月04日

ピカソの言葉

私はいつも自分のできないことをしている。
そうすればそのやり方を学べるからだ。
 パブロ・ピカソ 



14141575_1064269163651242_4789882267683371553_n.jpg
posted by YACCO at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年09月01日

去年のブルームーン

去年の今夜はブルームーンでしたね。

ブルームーンとは、青い月といういみではなく
月に二回満月が観れる月のことをいいます。
この写真は、友人が天体望遠鏡で撮った写真です。


404036_351221924955973_979911311_n.jpg

素晴らしいですね〜★

ブルームーンとは?
http://www.moonsystem.to/special/bluemoon/

posted by YACCO at 16:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月21日

新しいCD制作しています

私のオリジナル作品を沢山作曲して下さっている作曲家の寺沢新吾さんと、新しいCD制作しています。
作詞は、
リサとガスパールの日本語訳詞をなさっている石津ちひろさん。
天地創造のようなスケールの大きな『音魂』を作詞なさっている小舞真理さん。
そして、今回初めて書いていただく方の作品を加えさせていただきます。
おかげさまで、順調にレコーディングは進んでいます。
半分収録しました。
今までの作品に加え、これから作曲していただく曲も楽しみです。
年内完成を目標に頑張りますハート
応援をどうぞよろしくお願いいたします〜〜〜ハート
新吾さんは、映画音楽を中心にCM等でも活躍なさっている方です。


私の為に、作詩を家の石津ちひろさんが作って下さった『歌声』という詩に、新吾さんが作曲して下さった歌は、とても好評をいただいています。

☆YouTubeに『歌声』をアップしています。
映像はこちらから ↓
http://www.youtube.com/watch?v=IM2Q67XwowU

是非お聴き下さいませハート
約6000回視聴いただきましたハート
ありがとうございます

4005730_855874608_31large.jpg
posted by YACCO at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月10日

歌う私のイラスト

デザイナーの進士遥さんに描いていただいたコンサートで歌う私です


13938428_1044864942258331_7778795482206910159_n.jpg
posted by YACCO at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月05日

石津ちひろさんがNHKに出演されます★8月8日22時

こんばんは月1顔1(うれしいカオ)!
今日も暑かったですね。
石津ちひろさんがラジオ放送ご出演されます。
現在、ナルニア国で「石津ちひろフェア」というイベント開催中です。
以下はナルニアの詳細です。
http://www.kyobunkwan.co.jp/narnia/archives/info/df9e0a1f
8月8日22時〜NHKラジオ第一の“NHKジャーナル”という番組に
出演される予定だそうです。
ぜひお聴きくださいませ♪
posted by YACCO at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2016年08月02日

手を握るだけで、覚えやすくなるんですって?

前回のラテンライヴでは、
フランス語、スペイン語、イタリア語、ロシア語、英語、日本語、
と6ケ国語で歌いました。
でもドンドン歌詞を覚えるのが大変になって〜。。。
記憶力の減退。。。
コンサートでは大体いつも12曲くらい歌います。
そこで朗報〜〜〜☆
手を握るだけで、覚えやすくなるんですってッ!
やってみよッ☆

【拳を握るだけで記憶力アップ!?】右手→左手の順番で脳が活性化

左前頭葉は情報の“暗号化”、
右前頭葉はその“回復”に関係あるとされている。
脳は反対側の半身(右脳は左半身、左脳は右半身)を司っているので、

暗記の前には右手を握って左前頭葉を刺激し、
何かを思い出したいときは左手を握って右前頭葉を活性化させると効果がある

★追記★
親指は添え指だそうです。
他の四指は握り込んでも親指は伸ばしたままの方がいいようです。

親指は軽く添えるか、あるいは伸筋・屈筋同等に伸ばします。
(親指を反らせることではありません)

http://irorio.jp/sayakando/20130425/56135/
posted by YACCO at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記